戻る
Ship from Store and Why You Need It Now

店舗からの出荷、今知っておくべき理由

なぜ、このフルフィルメント方式がお客様のビジネスにとって良いのか、その理由をご紹介します。

Ship from store(店舗からの出荷)は、店頭の在庫を利用してお客様の注文に対応するフルフィルメント手法です。通常、お客様からの注文はオンラインで行われますが、様々なソースからの注文を受けることができます。例えば、ソーシャルメディアからの直接注文(ソーシャルメディア販売)、電話、他の店舗からの注文、音声コマース、Amazonなどのマーケットプレイス、モバイルアプリなどで注文が入ることがあります。どのような注文であっても、店舗から出荷するということは、注文を満たすためにリテール店舗の在庫を使用することを意味します。

なぜ Ship from Store が重要なのでしょうか?

フルフィルメント方式として、リテールにとって重要な理由はたくさんあります。

  • 在庫を最大限に活用
  • 配送コストの削減
  • ビジネスの物理的な部分とオンラインの部分の間の分裂を取り除く
  • 配送センター(DC)の負担軽減
  • オーダーフルフィルメントのリスクを分散(1つのDCで単一障害点が発生することはない)
  • より迅速な配送が可能(1日配送も可能)
  • 既存在庫の有効活用による在庫維持コストの削減
  • 閑散期における店舗スタッフの業務効率化
全てにおいて、店舗からの出荷プログラムは、リテールの様々な面において改善に役立ちます。主に、全体的な効率を向上させることができます。また、オンライン注文の配送を全て1つのDCに依存するようなリスクも軽減されます。また、より迅速な配送により、より良いカスタマーエクスペリエンスを提供することができます。

参考資料

Ship from Storeの仕組みについて

まずは概要をご覧ください。この資料では、典型的な Ship from Store の受注処理プロセスの流れを視覚的に示しています。管理システムとしては、 Ship from Store はシンプルで理解しやすく、ビジネスに即効性があります。

Ship from Store infographic

サプライチェーンだけの問題なのでしょうか?

この問題は、純粋にオペレーションチームが解決すべき問題だと考えがちですが、もっと広い視野で考えることが重要です。リテールとは、お客様が望む商品を販売し、お客様の体験を向上させることが全てです。ポジティブな体験は、お客様の再来店を促します。リテールの多くはオンラインに移行していますが、この移行は新型コロナウイルスの流行によって加速されました。特に、リテールのeコマースは2020年に世界で27.6%成長すると言われています(eMarketer December 2020)。そのため、フルフィルメントセンターは、効率性の向上、ピッキング、梱包、配送プロセスのスピードアップ、商品配送コストの削減のために、改めて注目されるようになりました。確かに、これは全てビジネスのサプライチェーン側を指しています。

しかし、実店舗を注文処理に含めることは、リテール組織全体がこの改善サイクルに関与することを意味します。これは、オペレーション担当者だけの問題ではありません。リテール組織全体が一丸となって改善に取り組むのです。これは、お客様にポジティブな体験を提供するためであり、市場全体における組織の有効性を向上させるためでもあるのです。

何から始めればいいのでしょうか?

Where to start

リテール企業にとって、場所に関係なく、すべての能力、リソース、在庫を活用することは、確かなことです。そのため、Ship from Storeは理にかなっています。しかし、どこで、どのように始めればいいのでしょうか?

まず、自社のニーズが何であるかを把握しましょう。もし貴社のリテール組織が6つ以上の拠点をお持ちなら、おそらく相当量の在庫と資金が現場に分散されていることでしょう。これは、効果的に使用しなければ、幸運にも不幸にもなり得ます。SHIP FROM STOREソリューションの詳細を見てみると、アイデアが湧いてくるはずです。

新たな成長に向けて

多くの点で、全てのリテールが注文処理の中核となる配送方法としてShip from storeをまだ利用していないのは驚くべきことです。それは、単純に理にかなっているからです。これは単に統一されたコマースソリューションやシステムを提供するということではありません。これは、リテール企業のビジネスを真に統一するためのものです。効率的でインパクトのあるビジネスを実現することです。すべてのツールとリソースを駆使して、ビジネスを成功に導く最高のカスタマーエクスペリエンスを提供することです。

もし、貴社がまだShip from storeを利用していないのであれば、慎重に検討してください。例えば、適切なベンダーであれば、数週間以内にシステムを稼動させることも可能ですし、価格面でも検討しない手はありません。今後数年間の新たな成長期を乗り切るリテール企業にとって、店舗出荷サービスは欠かせない存在です。

Bogdan Stefanescu

著者:Bogdan Stefanescu, OMSプラクティスマネージャー

Bogdanは2010年にOSFに入社し、それ以前は開発者、チームリーダー、プロジェクトマネージャーなどの職務を担ってきました。2018年以降、BogdanはOSFのOMSプラクティスの構築に貢献しています。現在、彼はOMS領域における新しいパートナーシップの開発を担当し、グローバルレベルであらゆるOMSビジネスの戦略と開発を監督しています。